小学校受験は必要か

受験は子どもを持つ親にとって避けては通れない問題です。
住んでいる土地柄によりますが、有名幼稚園に入るための受験からすでに始まって、幼稚園が済んだら小学校、小学校が済んだら中学校というように、受験は親がその気になればいろいろな年代で挑戦する事が出来ます。

しかしながら、本当に小学校受験は必要か?という疑問も出てきます。
そもそも受験をする理由としては子どもの将来のために良い教育を受けさせたいからで、良い教育を受けられたなら、将来は良い職につけるだろうという希望的観測が主だと考えられます。

親は子のために一生懸命です。
有名小学校に入る事が出来れば、あとはその環境が勉強の出来る子に育ててくれますし、実際に塾との併用で勉強量も多いので、当然偏差値の高い子供が多くなります。
保護者にしても基本教育熱心なので、だいたいが同じベクトルの教育方針です。
しかし、言葉は悪いですが、そうやって純粋培養された子どもが大学生活を終え、社会に出た時に果たして心折らずにいられるのでしょうか。
幼い頃から学生の間ずっと優秀だと言われ続け、褒められる事ばかりだった子が、就職をする頃・就職した後に初めて否定されるような経験をします。
そうなった時に、なんとか自分の能力を発揮して認めてもらう為に食らいつく様な根性が身についていれば良いのですが、打たれ強く育っていない場合は心配です。

賛否両論あると思いますが、世の中にはいろんな家庭があり、いろんな子どもがいる事、勉強ができる子も出来ない子も運動が得意な子も苦手な子もいる校区内の小学校に一度通ってみるべきかもしれません。
世の中には全くベクトルの違う相手がいます。
いろいろな人にもまれ、その中で生活力を身につける事も社会に出てからの力になるのではないでしょうか。